ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

「清流長良川の鮎」世界農業遺産認定までの歩み!!

祝!「清流長良川の鮎」世界農業遺産認定

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 


topics


  • 『清流長良川の鮎』のリーフレットを紹介しています(認定前のものです)

外面(344KB)内面(407KB)

 

  • 世界農業遺産とは?→詳しくはこちら(PDF:88KB)
  • 『清流長良川の鮎』とは?→詳しくはこちら(PDF:104KB)

世界農業遺産に認定決定!

 平成27年12月15日(火)に国際連合食糧農業機関(FAO)で開催された世界農業遺産運営・科学合同委員会において、「清流長良川の鮎」が世界農業遺産(GIAHS)に認定されました。

 

○イタリア・ローマの様子

プレゼンテーション 認定証授与 3県合同記者会見 世界農業遺産「清流長良川の鮎」認定証

知事による

プレゼンテーション

認定証授与 3県合同記者会見

「清流長良川の鮎」

世界農業遺産認定証

 

○岐阜県庁で行われた認定イベントの様子

認定伝達・祝賀行事 懸垂幕お披露目行事
認定の伝達・祝賀行事 懸垂幕お披露目行事

 

 

認定に係るコメント

古田知事(清流長良川の農林水産業推進協議会名誉会長)コメント

 ただいま、FAOの世界農業遺産運営・科学合同委員会において、本県の「清流長良川の鮎」が認定されました。

 「清流の国ぎふ」が世界に向かって大きく踏み出した、この歴史的瞬間を203万県民の皆様とともに喜びたいと思います。

 これまでご尽力・ご支援をいただいた多くの関係者や県民の皆様に対し、あらためて厚く御礼を申し上げます。

 今回の世界農業遺産の認定を新たなスタートとして、「清流長良川」と「鮎」の魅力にさらに磨きをかけ、国の内外へ一段と力強く発信してまいりたいと思います。

 また、「長良川システム」は内水面漁業の国際的なモデルとされており、発展途上国への技術支援など、国際的な貢献も果たしていきたいと考えております。

 

玉田会長(清流長良川の農林水産業推進協議会会長)コメント

 「清流長良川の鮎」がFAOの世界農業遺産に認定されました。清流長良川を守ってきた我々の活動が評価され、世界に認められたことを誇らしく思います。

 これまでご尽力・ご支援をいただいた多くの関係者や県民の皆様方に対し、あらためて厚く御礼申し上げます。

 今回の世界農業遺産の認定を弾みにして、「長良川システム」の象徴である「清流長良川の鮎」を前面にうちだした観光誘客、農林水産業の振興、伝統漁法や文化の継承、地域ぐるみでの河川や環境の保全など進めてまいります。

 

 

世界農業遺産認定に向けた取り組み

世界農業遺産国際シンポジウムが開催されました(2015/8/29)

 「清流長良川の鮎」を世界に発信していくため、世界農業遺産基金代表であるパルヴィス・クーハフカン氏、国連大学上級副学長である武内和彦氏、東京大学大学院農学生命科学研究科の八木信行准教授、石川県農林水産部農業政策課長の清水正雄氏を招き、国際シンポジウムを開催しました。

【開催日時】平成27年8月29日(土)9:30-11:45
【開催場所】じゅうろくプラザホール(岐阜市橋本町1丁目10番地11)
【参加者数】650名

 

基調講演するパルヴィス氏
講演する武内和彦氏
八木准教授
清水課長

パルヴィス・クーハフカン氏

による基調講演

武内和彦氏による

基調講演

パネルディスカッション

での八木准教授

パネルディスカッション

での清水課長

 

 

 

FAO科学委員会による世界農業遺産認定に向けた現地調査が実施されました(2015/05/25-26)

平成27年5月25日-26日にかけ、FAO科学委員会の委員による現地調査を受けました。

現地審査1
郡上釣り
小瀬鵜飼
曽代用水

概要説明

郡上釣り

小瀬鵜飼

曽代用水

 

世界農業遺産専門家会議委員による現地調査が実施されました(2014/9/30-10/1)

平成26年9月30日から10月1日にかけ、世界農業遺産専門家会議委員による現地調査を受けました。

現地審査1
現地審査2
現地審査3
現地審査4

概要説明

水源林育成事業の説明

技術伝承等の説明

瀬張り網漁の説明

 

 

世界農業遺産シンポジウムの開催(2014/8/29)

 清流長良川は鮎を育み、地域の経済や食、歴史文化と深く結びついている。一方、清流と鮎の恵みを受ける流域に暮す人々は、水を大切にし、水環境の保全活動を進めることで、清流を守っています。この循環は、人の生活、水環境、漁業資源がつながりをもった世界に誇るべきシステムであり、世界に向け発信していくためシンポジウムを開催しました。

【開催日時】平成26年8月29日(金)13:30〜15:30
【開催場所】わかくさ・プラザ多目的ホール(関市若草通2-1)
【開催内容】詳しくはチラシ(PDF:1.3MB)をご覧ください
【参加者数】300名
【シンポジウムの様子】

シンポジウムあいさつ
申請内容説明
基調講演

会長あいさつ

清流長良川の鮎について

基調講演

 

清流長良川の農林水産業推進協議会

 登録推進母体となる「清流長良川の農林水産業推進協議会」を流域の農林水産業等関係団体、関係市と共に、平成26年7月24日(木)に設置しました。

【設立総会の様子】

総会全景
会長あいさつ
申請内容の説明

総会全景

会長あいさつ

申請内容の説明

 

リンク