ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

岐阜県保健環境研究所

研究所紹介

保健環境研究所の全景 

 

 当研究所は、県内の保健衛生・環境分野における科学技術の振興を図るとともに、生活や食の安全・安心を確保するため、行政各部からの依頼による新興感染症検査、食中毒検査、食品中の残留農薬検査、医薬品検査、大気汚染常時監視、アスベスト検査、土壌地下水汚染における環境汚染物質検査などの試験検査を行っています。
また、当研究所は、科学的・技術的な中枢機関として「県民の健康の保持・増進と豊かな県土の保全」を実現するための調査研究、保健衛生や環境分野の情報収集、技術研修会や技術相談などの業務にも取り組んでいます。

 

研究体制

疫学情報部

疫学情報部の写真 感染症等の健康危機対策に関する疫学調査を行っています。

 

 ○感染症情報センター感染症発生情報を収集・分析し、公開しています。

 

 また、健康実態に関する情報等を調査・分析し、県民の疾病予防と健康づくりに役立てていきます。

 

 

保健科学部

保健科学部の写真

 

 ウイルス、リケッチア及び細菌による感染症や、食中毒などに関する検査を行っています。

また上記の感染症のまん延防止や予防対策のための調査研究を行っています。

 

 

 

 

生活科学部

生活科学部の写真 

 医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器等の有効性・安全性を確保するための検査、及び薬物乱用防止対策として危険ドラッグ分析を行っています。また、家庭用品に含有される有害物質による健康被害を防止するための検査、研究を行っています。

 

 

 

環境科学部

環境科学部の写真 

 岐阜県は、標高3,000mを超える飛騨山脈等から伊勢湾と富山湾へ流れる木曽川、長良川、揖斐川、宮川(神通川水系)等と地下水の豊富な水資源があります。また、伊勢湾からの海風と伊吹山からの伊吹おろし、御嶽山の噴火、大陸からの黄砂等が、地域毎、季節毎等に影響を及ぼしています。当研究所では、水質汚濁、土壌/地下水汚染、PM2.5等の大気汚染、廃棄物・リサイクル、微量化学物質、環境放射能等の環境行政検査・研究を実施しながら、「清流の国ぎふ」県民の生活を見守っています。

 

食品安全検査センター

食品安全検査センターの写真

 安全で安心な食生活を守るため、食品中に残留する農薬、PCB、抗生物質、重金属あるいは添加物等に関する検査、研究を行っています。また、化学物質による食中毒の原因究明も行っています。さらに食品の原材料表示適正化推進事業の一環として、遺伝子組換え食品(とうもろこし、大豆など)や、アレルギー物質(そば、乳など)の検査を実施しています。

 

 

 

 岐阜県保健環境研究所の詳細についてはこちらをご覧ください。(外部サイトへのリンク)

 

 

 

岐阜県保健環境研究所からのお知らせ

 ○岐阜県保健環境研究所倫理憲章(外部サイトへのリンク)

 岐阜県職員倫理憲章岐阜県保健環境研究所実行計画をご紹介します。