ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

クリスタルパークスケート場で各種大会が催されました

crys

第46回東濃総合体育大会スケート競技

東濃総合体育大会は、平成28年7月10日(日)に総合開会式が行われ、7月の夏季大会では16競技が行われました。

(リンク:東濃総体開会式・概要

 

 平成29年1月14日(土)に、岐阜県クリスタルパーク恵那スケート場にて、東濃総合体育大会スケート競技が開催され、寒い中ではありましたが約80名の方が参加されました。順位は、1位 地元恵那市、2位 瑞浪市、3位 中津川市、4位 土岐市、5位 多治見市でした。

 

kaikaishiki start

 

昨年7月に行われた夏季大会の16種目にスケート競技の結果を加えた総合順位は、以下のとおりです。

 

第1位 土岐市 134点
第2位 中津川市 121点
第3位 多治見市 107点
第4位 瑞浪市 75点
第5位 恵那市 71点

 

 

(リンク:市別・種目別の総合成績

 

 今年度は、昨年度23年ぶりに総合優勝を果たした土岐市が独走状態となっています。最終種目のスキー競技は、平成29年2月19日にモンデウス飛騨位山スノーパークにて開催予定です。



東濃地区スポーツ少年団スケート交流会

 同日(1月14日(土))午前中には、東濃地区スポーツ少年団のスケート交流会が開催されました。この交流会は、日頃は別々の市、種目で活動する団員達がスケートを通じて交流を深めることを目的としており、東濃各市から約80名が参加しました。

 雪が降る寒い日でしたが、参加した団員たちは、所属する団の枠を超えた学年ごとのグループの中で、楽しそうに活動していました。

 普段からスポーツに触れている団員たちは覚えが早く、全国大会を経験している恵那市スケート連盟の講師たちから教えられたことを素早く吸収していました。参加した団員からは「なんかうまくなってきた。」などの声もあり、手ごたえを感じている様子でした。

 

suposyo1

suposyo2



東濃地区総合型地域スポーツクラブスケート交流会

 翌1月15日(日)には、総合型地域スポーツクラブ「スケート交流会」が開催されました。

 この交流会は、総合型地域スポーツクラブの交流を深めることを目的として、あけちクラブが主催し、東濃地区の総合型地域スポーツクラブ(あけちクラブ、えな花の木スポーツクラブ、えなイースト総合スポーツクラブ、やさかイキイキ倶楽部、稲津スポーツ・文化クラブ)の約50名が参加しました。

 初めてスケートを経験する子供たちも多かったため、経験者と初心者の技能別に分けてスケート教室が開催されました。初めてスケートを体験し、開始30分ほどで「帰りたい。」と言っていたお子さんも、東濃スケート連盟の丁寧な指導を受けた後には「午後ももう少し滑っていく。」に変わっていました。スケートのきっかけ作りの場になったと思います。

 小学校低学年の参加が多かったこともあり、各クラブからは複数のスタッフが運営に協力しており、参加した子供たちの交流だけでなく、スタッフ同士が交流する良い機会となっていました。

 

sougo1 sougo2

 

 

 岐阜県クリスタルパーク恵那スケート場は、冬季シーズン(2月19日まで)は休まず営業しています。

 

(リンク:"外部サイト"岐阜県クリスタルパーク恵那スケート場

 

 寒い日が続くこの季節ですが、スケートにはもってこいです。

 あなたも「氷上の貴公子」になってみませんか?体も暖まりますよ!!