ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

河川監視カメラが増えました

そろそろ梅雨の時期となってきました。

気象庁によると東海地方の梅雨入りは平年6月8日頃となっております。

 

平成27年3月より、河川の増水・氾濫時等に皆様の迅速な避難判断の参考情報となるように、

高原川(飛騨市神岡町西里橋周辺)の河川状況を監視するためのカメラを新たに設置しました。

以下のホームページよりご覧いただけます。

 岐阜県川の防災情報(外部サイト)

(左側メニューより【ライブカメラ】をお選びください)

 

現在、古川土木事務所管内においては4つの河川監視カメラが作動中です。

 

宮川――古川大橋(飛騨市古川町下気多)

 鷹狩橋(飛騨市古川町袈裟丸)

高原川――西里橋上流(飛騨市神岡町東町)

荒城川――向町(飛騨市古川町向町霞橋)

 

岐阜県では災害防止のため各種対策を進めておりますが、自然災害を完全に防ぐことは現実には困難です。

そのため被害を最小限に抑えるためには、情報の伝達・共有を行い、皆様に迅速に避難いただく事が重要となってきます。

避難判断の参考情報として、河川の実際の映像を見る事が出来る上記HPをご活用下さい。

 

ぎふ川と道のアラームメール

 岐阜県では大雨注意報・警報情報や雨量、道路の通行止情報などについて、メール配信を行っております。

 ぎふ川と道のアラームメール登録へ

 こちらもぜひご利用下さい。