ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

平成28年度古川土木事務所事業成果

 古川土木事務所では、平成28年度県土整備部基本目標である「ぎふの未来を支え、命と暮らしを守る強靭な県土整備」をめざし、安全で安心、活力ある地域づくりのため、さまざまな基盤整備事業を推進してきました。

 平成28年度の主な完成事業等を紹介いたします。

 今後も、地域の未来を支える事業を推進して参ります。

 

平成28年度主な事業成果

1、国道41号高山国府バイパスの整備に伴う道路管理者の変更

2、平岩1号橋(仮称)橋りょうの完成

3、国道360号種蔵打保バイパス「成手トンネル」の開通

4、西忍橋耐震補強工事の完成

5、舗装補修工事の実施

6、道路除排雪業務の実施

7、歩道整備の完了

8、防災工事の一部完成

9、消雪施設更新工事の一部完成

10、河川水位計の増設

(ページ内の該当する記事へスクロールします)

 

 

 

1、国道41号高山国府バイパスの整備に伴う道路管理者の変更

 

 国道41号の高山国府バイパスが平成25年9月に開通したことに伴い、平成28年4月1日以降、国土交通省から旧道部分を引継ぎ、一般県道谷高山線として維持・管理を行っています。

 また、平成28年8月に一般県道名張上切線を高山市へ引き継ぎました。

 

 道路管理者変更詳細図(PDF:252kb)

 

2、平岩1号橋(仮称)橋りょうの完成

 

 主要地方道古川清見線(飛騨市古川町高野から高山市清見町夏厩、別称「卯の花街道」)の古川町平岩地区において、平成26年春より橋梁上部工工事を進めている平岩1号橋(仮称)が平成28年11月に完成しました。今後、同バイパスの完成に向けて、取付道路及び安全施設にかかる工事を行い、平成29年度中に同バイパス1期工区の完成供用を行う予定です。

 当該路線は、飛騨市から東海北陸自動車道の飛騨清見ICへのアクセス道路として重要な役割を果たしております。平岩1号橋(仮称)を含むパイパス区間(約1.3km)の完成により、道路幅員が狭く、勾配が急な区間が解消されます。

 

工期:平成26年4月から平成29年3月(上部工)

工事費:約6億5千万円

 

平岩1号橋(仮称) 平岩1号橋(仮称)位置図

 

 

3、国道360号種蔵打保バイパス「成手トンネル」の開通

 

 国道360号飛騨市宮川町打保地内において、平成9年度より種蔵打保バイパス工事として7.55km区間の整備を進めてきました。このたび、同バイパス区間のうち成手トンネルを含む550m区間が完成し、平成28年11月29日(火)に開通式典を行い、当区間の供用を開始しました。

 種蔵打保バイパスは、国道360号のあい路、線形不良区間の解消並びに雨量規制区間の解消を目的として整備を行っております。住民の方の安全や富山県への円滑な通行を確保するため、今後も継続的に整備を行っていきます。

 

工期:平成25年度から平成28年11月

工事費:約13億円

 

開通式典の様子