ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

平成28年度MEフォローアップ研修を実施しました

 平成28年12月9日(金)に管内のME(社会基盤メンテナンスエキスパート)※を対象に、平成28年度MEフォローアップ研修を実施しました。

 この研修は、日ごろ道路施設の点検などを実施されている管内MEの技術力向上を目的として、年に1回土木事務所単位で行われているものです。

 今回は、橋梁点検実習を主題として、実際に業務にあたっている(株)テイコクにご協力いただき、橋梁点検車による橋梁下面の近接目視点検を行いました。

 研修では、順番に橋梁点検車に乗って、コンクリート桁の遊離石灰状況や橋座部のひび割れ状況などを確認しました。

 

※社会基盤メンテナンスエキスパート(ME)

 国立大学法人岐阜大学、産業界及び岐阜県等が連携し、平成20年度より国立大学法人岐阜大学に設置された「社会基盤メンテナンスエキスパート養成ユニット(文部科学省科学技術振興調整費)」により、新たな社会資本の整備、既存社会資本の維持管理・補修の計画・設計・実施技術を習得し、地域の活性化に貢献する総合技術者として、『社会基盤メンテナンスエキスパート(ME)』の育成を行っております。

 社会基盤の整備・維持補修において発注者となる県及び受注者となる県内建設業界の技術者が同じ講義、実習を受講することとしており、講座は正味20日間の短期集中カリキュラムで行われ、講座の課程を修了した方が、MEとして活動を行っています。

 

研修参加者集合状況 橋梁点検実習の様子1

橋梁点検実習の様子2 橋梁点検車設置状況