ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

魚道点検を実施しました

 古川土木事務所では、平成28年10月25日(火)に管内の許可工作物に設置された魚道の点検を行いました。

 

 岐阜県では「清流の国ぎふづくり」を進めており、その活動の中で、魚が適切に魚道を遡上しているのかを確認するための魚道点検を、毎年実施しています。今年度は、魚道点検業務受注業者の大同コンサルタンツをアドバイザーとし、古川土木事務所、フィッシュウェイ・サポーター(※)及び魚道管理者と共同で魚道点検を行いました。

 

※フィシュウェイ・サポーター

 県と協働で魚道の点検を実施することを目的としており、点検体制の充実のために毎年一般の方からサポーターを募集しています。

 平成25年度にフィッシュウェイ・サポーター制度を創設し、これまでに185名の方を委嘱しています。

 毎年、サポーターと県職員との協働により魚道点検を行い、補修の必要性を確認しています。

 

魚道点検の様子1 魚道点検の様子2