ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

広報県民課の紹介

広報県民課では次の仕事をしています

  • 広報、広聴に関すること
  • 警察音楽隊に関すること
  • 警察安全相談に関すること
  • 犯罪被害者支援に関すること
  • 犯罪被害者等給付金に関すること
  • オウム真理教犯罪被害者等給付金に関すること
  • 情報公開・個人情報保護制度の運用に関すること
  • 個人情報保護施策の推進に関すること

 

新着情報

広報県民課からのお知らせです。

広報県民課からのお知らせ

分野別のページで紹介している広報県民課のページへリンクします

警察に相談したいが、110番するほど緊急ではない・・・」というような警察に関係する相談を受け付ける窓口として『警察安全相談室』を設置し、夜間、休日も24時間体制で相談を受けています。

犯罪被害者は、犯罪による直接的な被害だけでなく、事件にあったことによる精神的ショックや身体の不調など、被害後生じる様々な問題に苦しめられます。犯人の検挙はもとより、犯罪被害者の視点に立った各種支援活動を推進し、犯罪被害者の権利・利益の保護を目指しています。

警察業務に関する公文書の公開や個人情報の開示などのほか、警察関係行政刊行物の収集・提供や警察本部が主管する規程等の公表施策を推進しています。また、警察業務における個人情報保護に関する基本的なルールの策定を通じて、個人の権利利益を保護するための施策を推進しています。

警察の主催する行事のほか、公共団体等の主催するイベントや学校での交通安全教室などに警察音楽隊を派遣し、交通安全や犯罪被害防止を呼びかけています。