ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

生活安全総務課の紹介

 

生活安全総務課では次の仕事をしています

一言で言うと・・・

 県民生活に身近な犯罪、事故等の防止活動及び地域との協働による犯罪の抑止

 

くわしく言うと・・・

○地域安全活動の推進

  警察と地域の皆さん、関係機関が一体となって、犯罪や事故、災害等を未然に防ぎ、安全で住み良い地域社会の実現を目指します。

  ボランティアを始めとする地域の皆さんや地区防犯協会、自治体、警察が一体となって、皆さんの身近な犯罪や事故、災害の発生を未然に防止するための各種活動(地域安全活動)を積極的に推進します。

地域安全係 
○行方不明者、迷い人等の保護対策の推進

  個人の生命及び身体の保護を図るために行う行方不明者の発見活動や迷い人など応急の救護を要する者の保護対策を推進します。

 企画係
○ストーカー・配偶者暴力対策の推進

   ストーカー規制法、配偶者暴力防止法を適正に運用し、つきまといやストーカー行為、女性に対する暴力の根絶を目指します。
ストーカーに立ち向かう 

  本部ストーカー対策室、各警察署「ストーカー等対策ユニット」が中心となり、行為者への指導警告や取締り、防犯ブザー、携帯電話録音機、小型緊急通報装置等保護対策機器の貸出しなど、被害者の意向に沿った迅速な対応を推進し、保護の徹底を図ります。

 ストーカー・DV対策室
○街頭犯罪・侵入犯罪抑止総合対策の推進

   街頭犯罪及び侵入犯罪を抑止するため、犯罪の実態把握、分析に基づく総合的な防犯対策と検挙対策を推進します。

   「犯罪発生マップ」や岐阜県警察「安全・安心メール」を配信しての情報提供、民間警備業者に犯罪抑止パトロール活動の委託など、街頭犯罪及び侵入犯罪抑止対策を推進します。

 犯罪抑止対策係
○子どもと女性を犯罪から守る対策の推進

  子どもと女性を性犯罪等の被害から守るための取組を推進し、子どもと女性が被害者となる犯罪を未然に防止します。

  本部子ども・女性対策班が中心となり、性犯罪等の前兆とみられる声かけ・つきまとい事案の段階から適切に対処し、性犯罪等の未然防止を図る先制・予防的な警察活動を推進します。

子ども・女性対策班 
○警備業、探偵業、質屋・古物営業の許認可と指導取締り

   警備業法、探偵業法、質屋・古物営業法の各法令を適正に運用し、各業界の適正な業務の推進を目指します。

   警備業、探偵業、質屋・古物営業の各許認可等事務と、各営業者に対する指導取締りや、特に警備業に関しては講習等を開催しています。

 営業係