ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

交通規制課の紹介

交通規制課では、各係が次のような仕事をしています。

企画係 車庫証明、緊急自動車、道路使用許可及び交通規制の除外指定等に関する事務
規制係 交通規制の実施・見直し、道路標識・標示の維持管理及び交通規制台帳の管理運用に関する事務
管理係 交通安全施設及びパーキングメーター等の管理運用に関する事務
道路協議係 道路管理者との協議及び土地開発等の協議に関する事務
信号運用係(交通管制センター)

交通管制システムの運用、信号機の運用、道路交通情報、制限外積載・けん引の許可等に関する事務

施設係(交通管制センター) 交通管制システムの整備及び信号機の新設、改良の整備等に関する事務

 

次のようなことを目指して、業務を行っています。

○見やすく分かりやすい規制、歩行者等にやさしい交通安全施設の整備等により、交通事故防止を目指します。

○交通管制システムの高度化、エリアの拡大整備等により、交通の円滑を目指します。

○道路管理者への先行交通安全対策の助言、現場点検等により、安全かつ快適な交通の確保を目指します。

○老朽化した信号機制御機の更新、コンクリート柱から鋼管柱の建替等により、災害に強い交通安全施設を目指します。

最近では、次のような仕事をしました。

○交通事故防止対策、歩行者対策、生活道路対策

 ・事故多発交差点等の交通事故防止対策として、信号機の新設、右折矢印の設置、歩車分離化、信号灯器のLED化等の整備を行いました。

 ・夜間における交通事故対策として、灯火式大型標識、自発光式大型標識、路側式自発光式標識等の整備を行いました。

 ・歩行者対策として、歩行者用灯器の増設、信号灯器のLED化、視覚障害者用付加装置の高度改良、横断歩道等の整備を行いました。

 ・歩行者・自転車の生活道路対策として、あんしん歩行エリアゾーン30等の整備を行いました。

 ・交通死亡事故等の重大事故再発防止対策として、事故発生後、交通規制の検討や道路構造上の改善点を道路管理者に提言しました。

○交通円滑化対策(交通混雑緩和対策)

 ・管制システムの高度化、管制エリア拡大整備、県下各所にプログラム多段系統化等の整備を行いました。

 ・リアルタイムな交通情報を提供するため、光ビーコン、交通情報板等の整備を行いました。

 ・混雑がみられる路線、交差点で信号秒数の見直しを行いました。

○交通安全施設老朽化対策

 ・信号制御機の更新、コンクリート柱から鋼管柱への建替等を計画的に進めました。

 ・災害発生時に停電に起因する信号機の機能停止による混乱を防止するため、可搬式発動発電機対応コネクタ付電源箱の整備をしました。

 

交通管制センターとは

 

管制センター(交通管制センター)

 

 交通管制センターでは、刻々と変化する状況を収集、分析し、きめ細かく信号機を制御するとともに、渋滞などの交通情報を交通情報板やカーナビ(VICS対応)などでドライバーに提供することにより、交通渋滞の緩和、交通事故の防止を図り、安全で快適な交通環境の実現を目指

した活動をしています。

あんしん歩行エリアとは

○あんしん歩行エリアとは、

 交通事故発生割合の高い約1平方キロメートルの住居地区又は商業地区をあんしん歩行エリアとして指定し、歩行者、自転車利用者等の安全を

 確保するために、交通安全施設の整備等、総合的な交通事故抑止対策を講じるものです。

 

 岐阜県内では20か所を指定し、平成15年度から5か年計画で整備しました。

 

 平成20年度から、さらに対策効果を高めるため、エリアの見直しを行い、歩行者・自転車事故の発生が多い区域等、7市・11地区を選定し整

 備しましたが、新たな社会資本整備重点計画(平成24〜28年度)の策定に伴い、平成24年度から7・11地区が再指定されました。

 

○再指定整備エリア

市町村 地区
岐阜市 長良西、京町明徳、加納西、市橋、徹明
美濃加茂市 太田
可児市 広見西
多治見市 精華
中津川市 中津川市東
恵那市 大井
飛騨市 古川

 

○平成15〜20年度の整備エリア

市町村 地区
岐阜市 長良西、京町明徳、加納西、市橋
美濃加茂市 太田
可児市 広見西
多治見市 精華
中津川市 中津川東
恵那市 大井
大垣市 大垣市北、大垣市東
各務原市 鵜沼第一
高山市 高山市南
関市 旭ヶ丘
美濃市 美濃
郡上市 八幡
山県市 高富
瑞浪市 瑞浪
羽島市 正木
土岐市

 

ゾーン30とは

○ゾーン30とは、

 区域(ゾーン)を定めて時速30キロの速度規制を実施するとともに、路側帯の拡幅やカラー舗装による明確化などの安全対策を必要に応じて

 組み合わせ、ゾーン内における速度抑制やゾーン周辺の円滑化対策により、ゾーン内を抜け道として通行する行為の抑制等を図る生活道路安全

 対策です。

 

     ゾーン30イメージ図→クリックするとPDFで開きます。

 

 岐阜県内では、平成24〜27年度までに36か所を整備し、平成28年度は11か所整備しています。

 

○整備エリア

警察署 市町村 地区
岐阜中 岐阜市 明徳、京町、徹明(北)、徹明(南)、金町(北)、金町(南)
岐阜南 岐阜市 加納
岐阜北 岐阜市

長良西(北)、長良西(南)、長良西(西)、早田、黒野(3区画)、城西

各務原

各務原市 那加(東)、那加(西)、那加(体育館通東※28年度)
岐阜羽島 羽島市 正木、竹鼻(※28年度)
大垣 大垣市 綾野、赤坂(※28年度)
北方 北方町、瑞穂市 北方町北方、瑞穂市穂積(※28年度)
山県 山県市

高富

加茂 美濃加茂市 太田、古井、田島、本郷
可児 可児市 桂ヶ丘
多治見

多治見市、瑞浪市、土岐市

多治見市精華、前畑(北)、前畑(南)、瑞浪市瑞浪駅前、土岐市泉(6区画※28年度)
中津川 中津川市 中心部、本町
下呂 下呂市 萩原(北)、萩原(南)、金山
高山 高山市 総和(※28年度)
飛騨 飛騨市 古川

 

 

光ビーコンとは

○光ビーコンとは、

 道路上空に設置され、光ビーコンの下を通過する車両に取り付けられた車載器と赤外線で双方向通信を行い、旅行時間・道路交通情報等の提

供を行います。

 また、得られた情報については、交通管制センターに設置されたコンピュータで処理及び編集して他の車両に対しても送信されます。送信さ

れたデータは、車載器により、それぞれの形態(「文字表示型」、「簡易図形表示型」、「地図表示型」)で表示されます。ドライバー等は、

これらの情報をもとに適切なルートを選択し、快適でスムーズな運転に役立てることができます。

 これらの詳細の情報を得るためには、3メディア対応のVICS対応型車載器が必要となります。3メディアとは、幹線道路に設置した光ビ

ーコン、高速道路に設置した電波ビーコン、FMラジオ放送を利用したFM多重放送の3種類の情報をいいます。

 

 (参考図)

vics