ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

交通機動隊の紹介

交通機動隊

トップ写真

 交通機動隊は、白バイやパトカーなどの機動力を生かした交通指

 導取締りを主な任務として県下全域で活動しています。

 そのほかにも、大震災等の災害発生時における情報収集活動や交

 通安全広報活動など、様々な分野で安全安心な交通の確立に取り組

 んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安全運動出発式災害訓練の様子フェスティバルでの活動

交通機動隊の歴史

 昭和34年〜警備部交通課白バイ係として発足昔の白バイ隊

 昭和40年〜警備部交通第一課、交通第二課を分離独立させ「交通部」を設置

 昭和44年〜交通指導課の付置機関として「交通機動取締隊」を発足

 昭和46年〜「広域機動警察隊」を発足。交通機動取締担当班(オートバイ班)に改編

 白バイのほか黒バイも配置

 昭和51年〜広域機動警察隊を廃止して、交通指導課の付置機関「交通機動隊」を設置

本隊を岐阜に置き、大垣、多治見、加茂、金山、高山の警察署に分駐隊を設けた。

昭和54年〜「交通機動隊」を交通部の所属として昇格

平成7年〜女性白バイ隊発足。GPエンジェルスと命名

平成13年〜交通機動隊庁舎が瑞穂市牛牧地内へ移転整列

 

交通機動隊の活動

  1. 第47回全国白バイ安全運転競技大会
  2. 第37回岐阜県警察白バイ安全運転競技大会
  3. 平成29年交通機動隊年頭出発式
  4. 第38回中日西濃駅伝
  5. 平成29年度暴走族特別取締隊「暴走Gメン・ミッドナイター」出発式