ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

組織犯罪対策課の紹介

組織犯罪対策課では次の仕事をしています

◎暴力団総合対策

 ○法執行・情報集約係~暴力団対策法の運用と暴力団情報等の収集・分析

 ○暴力特別捜査係~暴力団等の犯罪捜査

 ○暴力団排除係~暴力団排除対策と暴力追放推進センターの支援事務

 岐阜県暴力団排除条例の制定・・・・・平成23年4月1日施行

◎薬物・銃器犯罪対策

○薬物特別捜査係~覚醒剤・麻薬等の薬物事犯の取締りと薬物乱用防止活動

 危険ドラック対策ポスターPDF(394.5kb)

○銃器特別捜査係~拳銃等の銃器事犯の取締り

 

こんな仕事をしています

◎暴力団対策

 当課では、暴力団等による犯罪の徹底した取締りを行うとともに、県民の皆さんと協力して社会から暴力団を排除する活動を推進しており、取締りと暴排活動の両面から暴力団を壊滅に追い込んで、暴力団の存在を許さない健全な社会の実現を目指しています。

 そのため

 ・県下の各警察署と連携した暴力団犯罪の徹底した取締り

 ・暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の効果的な運用(責任者講習関係)

 ・暴力団排除活動及び暴力団被害者対策(暴力団排除活動)

を強力に推進しています。

 

◎薬物犯罪の取締り

 薬物犯罪の根絶を図るため、徹底的な取締りを行うとともに、薬物の怖ろしさを知ってもらうための広報啓発活動を行い、安全で住みよい社会を目指します。

 そのため

 薬物乱用者の取締りを徹底するとともに、薬物密売組織の解明と、密輸・密売ルートを解明し、薬物犯罪組織の壊滅に向けた徹底した取締りを行います。

 また、薬物乱用防止教室等における乱用防止広報を行います。

 

◎銃器犯罪の取締り

 治安の根幹を揺るがす銃器使用犯罪の絶無を期すため、拳銃などの違法銃器の取締りを徹底し、安全で住みよい社会を目指します。

 そのため

 犯罪組織の壊滅に向けた拳銃等武器の摘発はもとより、密輸・密売ルートの解明と市民社会への流出防止のための情報収集を行います。

 

こんな仕事をしました・・・

 【ここ1年間の活動】

◎平成29年4月

山口組系暴力団組員による口座開設詐欺事件の検挙

◎平成29年4月

東組系暴力団組員による銃刀法違反事件の検挙

◎平成29年6月

山口組系暴力団幹部らによる恐喝事件の検挙

◎平成29年6月

日本人男性による麻薬の密輸入事件の検挙

◎平成29年7月

山口組系暴力団組員らによる窃盗事件の検挙

◎平成29年7月

山口組系暴力団組員による覚せい剤取締法違反事件の検挙

◎平成29年8月

山口組系暴力団幹部による道路交通法違反事件の検挙

◎平成29年8月

日本人男性による大麻栽培事件の検挙

◎平成29年9月

山口組系暴力団組長による免状不実記載事件の検挙

◎平成29年9月

外国人密売人による組織的な覚せい剤密売事件の検挙及び大量押収

◎平成29年11月

山口組系暴力団組員による口座開設詐欺事件の検挙

◎平成30年1月

山口組系暴力団幹部らによる保険金詐欺未遂事件の検挙

◎平成30年2月

山口組系暴力団組員らによる強要未遂事件の検挙

◎平成30年3月

岐阜県職員に対する行政対象暴力(脅迫)事件の検挙

 

 

暴力追放第26回岐阜県民大会の開催

公益財団法人岐阜県暴力追放推進センターとの共催により、平成29年7月26日、不二羽島文化センターにおいて、各地域や業界から約800人の出席を得て暴力追放大会を開催し、暴力団排除活動の一層の高揚を図りました。

 

これからは・・・

◎暴力団組織の壊滅を目指した集中取締り

 活動実態を不透明化させている暴力団等の実態を解明し、組織壊滅を目指した集中的な取締りを推進します。

◎薬物事犯の摘発

 覚醒剤等薬物の蔓延に歯止めをかけるため、県民に広く広報するとともに、組織犯罪集団の資金源を遮断するため、徹底した取締りを行います。

 薬物の有害性を広く県民の皆さんに知ってもらうために、薬物乱用防止の広報活動を積極的に行います。

◎拳銃等銃器事犯の摘発

 暴力団が隠匿している拳銃等の摘発に取り組みます。

拳銃110番(058-273-7410)

◎企業・行政を対象とする暴力対策

 暴力団が、政治活動団体を結成するなどして企業、行政等を脅迫・恐喝するという事件の積極的な取締りを推進します。

◎暴力団排除活動

 公益財団法人岐阜県暴力追放推進センター、岐阜県弁護士会の民事介入暴力被害者救済センター、各関係行政機関及び各地域、業界の暴排組織等との連携を強化し、あらゆる事業・業界からの暴力団の完全排除、暴力団組事務所の撤去と開設阻止等の暴力団排除活動を推進します。

◎暴力団離脱者の社会復帰支援

 暴力団に対する総合対策を推進する中で、暴力団組織から離脱する、あるいは離脱を望む者が増えています。心を入れ替え真面目に更正を目指している離脱者に対しては、再び過ちを犯すことのないように社会復帰を支援するために「岐阜県暴力団離脱者社会復帰支援協議会」が結成されており、引き続き就労等離脱者の自立の支援とアフターケアに努めています。

◎関係者の保護対策

 暴力団犯罪の被害者や目撃者、参考人、暴力団排除活動関係者には、警察による身辺警戒や警戒警備資器材等により保護対策の徹底に努めています。

◎暴力団に関する被害相談・情報提供の受理

 暴力団に関するさまざまな被害・トラブルなどについて、県民の皆さんから広く相談・情報提供を受けています。

(暴力110番058-274-7444)

匿名通報ダイヤル

 安心な社会を創るための匿名通報事業を実施しています。

対象事犯
(1) 暴力団が関与する犯罪に関する情報
(2) 犯罪インフラに関する情報
(3) 薬物・拳銃事犯に関する情報
(4) 少年福祉犯罪又は児童虐待事案に関する情報
(5) 人身取引事犯又は人身取引事犯のおそれのある犯罪に関する情報

◎一定の基準に基づき当該事案の解決に役立ったものに対して情報料が支払われます。

ただし通報者が次の場合等は支払われません。

・当該通報事案等の被疑者、被害者

・警察職員

・公務員であって公務の過程において情報を知った者

・学校の教職員、児童福祉施設の職員、医師、保健師、弁護士等その業務の過程において情報を知った者

・その他情報料を支払うことが不適当であると認められる者

 匿名通報ダイヤル  (0120-924-839)

インターネットによるウェブサイトの通報受付フォーム(外部サイト)