ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

警備第一課の紹介

警備第一課では次の仕事をしています

・国際テロ対策

 テロはひとたび敢行されると、多くの尊い命や貴重な財産を一瞬にして奪ってしまうなど、市民生活に大きな影響を与えます。

 〇「テロリストを入国させない、拠点を作らせない、テロを起こさせない」をテロ対策の基本に、関連情報の収集を行い、テロの未然防止に努め

 ています。

・不法滞在者対策

 来日する外国人の中には、不法入国や不法滞在等の違法行為を続け、他の犯罪に手を染める者も少なくありません。

 〇関連機関と連携しながら、不法滞在者対策に取り組んでいます

・オウム真理教対策

 オウム真理教が地下鉄サリン事件等のテロを行ってから20年が経過しましたが、教団は依然として危険な教義を保持しています。

 〇教団の組織・活動実態の把握に取り組み、違法行為があれば捜査する方針です。  

・極左暴力集団対策

 極左暴力集団は爆発物などを使用した「テロ、ゲリラ」事件や、「内ゲバ」事件を引き起こしてきたほか、盗聴、住居侵入などの違法な調査活動

を行っていた事実が判明しています。

 〇このような極左暴力集団による爆発物などを使用した、「テロ、ゲリラ」事件や違法行為を未然防止するために、情報提供を求めるなど、各種

 諸対策を積極的に推進します

・悪質右翼団体対策

 悪質右翼団体は、時局問題等に反応し、政府要人や行政機関等に対する「テロ、ゲリラ」事件を引き起こす恐れがあるほか、強引な機関誌の売り

込みや、脅迫まがいの悪質な資金獲得活動もみられます。

 〇悪質右翼団体による「テロ、ゲリラ」事件等の未然防止を図るため、銃器犯罪や資金獲得をとした犯罪を中心に、様々な法令を適用して

 法行為の徹底検挙に努めています。