ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

教育長日記2017年9月

※9月13日からは、岐阜県教育委員会公式Facebookにて公開しております。是非ご覧ください。

(株)十六銀行様から県教育委員会に特別展の鑑賞券をいただきました

平成29年9月12日(火曜日)

今年度、創立140周年を迎える(株)十六銀行様から、岐阜市歴史博物館にて開催される特別展「レオナルド×ミケランジェロ展」の鑑賞招待券150枚を、県教育委員会にご寄贈いただきました。

県教育委員会としては、配布先として県内唯一の美術科がある県立加納高等学校を選定しました。本日は、その贈呈式です。

 

優れた芸術に触れ、良さや美しさを味わい感動する体験は、子どもの感性を磨き、表現力や想像力を豊かなものにしてくれます。

今回、美術を学ぶ生徒にとって、大変ありがたい機会をいただけたと思います。是非、生徒たちには、今なお世界の芸術に影響を与える本物の作品のスケールや、作者の息吹と鼓動を実際に感じ、作品に込められた作者の思いを味わい、今後の学習の糧にしてほしいと思います。

本日は、本当にありがとうございました。

 

                                                           贈呈写真




(一財)総合初等教育研究所様から視聴覚教育機器をご贈呈いただきました

平成29年9月6日(水曜日)

 

 (一財)総合初等教育研究所(羽島市)様から、県内の小中学校10校へ視聴覚教育機器(プロジェクター)をご寄贈いただきました。

 

 総合初等教育研究所様からは、視聴覚教育の促進を目的として、昭和54年度から延べ388校に視聴覚教育機器を寄贈していただいています。

 

 ご寄贈いただいた10校を代表して、岐阜市立長森中学校の岡部好四郎(おかべこうしろう)校長からお礼を申し上げました。

 

 岐阜県の教育ビジョンや、今年の3月に公示された小中学校の学習指導要領においても、加速度的に進展する社会に対応する力として、情報活用能力の育成が重視されています。そうした力を付けるためのツールとして、プロジェクターの活用方法はいろいろ考えられます。

 学校においては、是非、ご寄贈いただいたプロジェクターを積極的かつ有効に活用していただきたいと思います。

 本日は、ありがとうございました。

 

               贈呈場面

 

お礼  教育長

教育図書<田口文庫>をご贈呈いただきました

平成29年9月6日(水曜日)

 

 公益財団法人田口福寿会(大垣市)様から、県内の小学校及び特別支援学校の合わせて90校へ教育図書<田口文庫>をご寄贈いただきました。

 

 田口福寿会様からは、岐阜県内の学校教育の充実と学習環境の向上を目的として、昭和47年から累計で約87万冊を寄贈していただいています。

 

 寄贈いただいた学校を代表して、笠松町立下羽栗小学校6年森智香(もりともか)さんと県立岐阜清流高等特別支援学校1年沖本彩杏(おきもとあやり)さんがお礼の言葉を述べました。

 森さんは、読書が大好きで、年間300冊以上もの本を借りて読んでおり、図書委員長も務めているそうです。今回の寄贈で本を借りるのがますます楽しみになったと同時に、より多くの子に本を読んでもらうための取組にも励むと話していました。

 沖本さんは、自身の大好きな本を例に、本がもたらす感動や学びについて話し、みんなでたくさんの本を読み、知識を身に付けたり興味の幅を広げたりして豊かな生活につなげたいと話していました。

 

 ご寄贈いただいた各学校では、学校図書館教育を推進し、子どもたちが豊かに読書を楽しめる環境を作っていただきたいと思います。本日は、ありがとうございました。

 

 

全国高校定時制通信制体育大会で上位入賞された皆さんが来庁されました

平成29年9月8日(金曜日)

 

 全国高校定時制通信制体育大会において上位入賞された選手の皆さんが、受賞の報告にお越しくださいました。

 

 この大会は、定時制・通信制高校生のスポーツの祭典です。

 県内からは、華陽フロンティア高等学校剣道部、城南高等学校のバレーボール、ぎふ国際高等学校柔道部の方が上位入賞されました。

 限られた時間の中で、必死に努力してきたことや、お互い声を掛け合い、何度もミーティングを行いながら自分たちでチーム力を上げていったことなどのお話をうかがい、皆さんの強い精神力と行動力で勝ち取った成果だと感じました。

 

 皆さん2年生ですので、まだまだこれからもチャンスがあります。今回の入賞を自信にして、今後ますます成長され、ご活躍されることを願っています。

 本当におめでとうございました。

 

華陽フロンティア剣道部  集合写真

 

城南バレーボール  ぎふ国際柔道部

第62回全国高等学校軟式野球選手権大会優勝の報告に来庁されました

平成29年9月8日(金曜日)

 

 全国高等学校軟式野球選手権大会で優勝された中京学院大中京高等学校軟式野球部の代表選手の皆さんがお越しくださいました。

8月16日に全国大会出場の報告をいただいた折に宣言された通り、見事に優勝され、優勝旗を持って帰って来てくださいました。

 

 「絶対大丈夫だと思った。」という言葉に対して、その自信がどこからくるかという投げかけに「練習です。」と即座に答えられた姿に、日々の生活からコツコツと努力を積み上げてこられた成果が着実に実となり、この素晴らしい結果と自信につながったのだと確信しました。

 

 3年生の皆さんは、この経験を将来に大いに生かし、後輩の皆さんは、この素晴らしい伝統を引き継ぎ、それぞれさらにご活躍されることを、心より願っています。

 本当におめでとうございました。

 

会場の様子  集合写真

 

選手  教育長方

全国高校総体で上位入賞された皆さんが来庁されました

平成29年9月5日(火曜日)

 全国高校総体において上位入賞された皆さんが、受賞の報告にお越しくださいました。

 

 この夏の皆さんのご活躍は、連日報道され、岐阜県民に大いに勇気を与えていただきました。

 皆さんと言葉を交わす中で、目標をもって粘り強く取り組む姿勢や、日頃から支えてくださっている方々への感謝の気持ちをもつ謙虚さが、成果につながっていることを感じました。

 ご自身が強豪校あるいは強豪チームとみなされるプレッシャーに負けず、全国各地の代表校と対戦し、勝ち進むということは、並大抵のことではありません。改めて、皆さんの素晴らしい技術力、精神力に対して心から敬意を表します。

 

 今年の秋の「愛媛国体」に参加される方も多いと思います。今回の成果を糧として、さらに立派な成績をめざし、ますますご活躍されることを心より願っています。

 

教育長挨拶時の様子  歓談の様子

 

              集合写真