ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

岐阜県職員の仕事紹介

岐阜県職員の特徴

岐阜県職員の特徴は、幅広い分野で、様々な業務に挑戦できることです。

例えば行政職では、『防災』『健康福祉』『地域振興』『生活相談』など、バラエティに富んでいます。

また、勤務地は岐阜県内全域(県庁・現地機関)であり、特色ある地域(圏域)で、様々な人々との出会いがあります。

その中で2〜3年を目処に人事異動が行われることから、常に新鮮に、そしてやりがいを持って業務をすることができます。

様々な分野の業務を通じて、魅力あふれる「ふるさと岐阜県」づくりに、直接貢献することができます。

 

岐阜県職員紹介パンフレット「岐阜県の未来づくりは私たちが支える!」(平成26年度版)

  1. 岐阜県って?(PDF:458kB)
  2. 岐阜県を支える県職員(PDF:744kB)
  3. 未来を創る岐阜県職員!!(PDF:2.22MB)

 【全編】岐阜県職員紹介パンフレット「岐阜県の未来づくりは私たちが支える!」(PDF:2.74MB)

 

岐阜県の組織や試験制度については、岐阜県人事委員会のホームページにて「職員採用案内」をご確認ください。

岐阜県職員紹介パンフレット「岐阜県の未来づくりは私たちが支える!」(平成24年度版)(PDF:2.2MB)

 

採用試験

毎年6月〜11月にかけて岐阜県職員採用試験が実施されます。

職種によって、試験の内容は異なりますが、基本的に教養試験や口述試験などによって合否が決定されます。

 

[試験内容](平成26年大卒程度試験の場合)

  • 第一次試験教養試験(50問)、専門試験(40問)
  • 第二次試験口述試験、集団討論試験、適性検査

 

[一次試験時期]

  • 大学卒程度(行政、農学、森林科学、土木他)6月(募集:5月)
  • 資格免許職(薬剤師、獣医師、保健師、看護師他)6、7月(募集:5月、6月)
  • 短大・高校卒程度(事務他)9月(募集:8月)
  • 身体障がい者対象(大卒、短大・高校卒程度)6、9月(募集:5月、8月)

受験を希望される方は、岐阜県人事委員会のホームページにて確認してください。

 

 

岐阜県が求めているのは、チャレンジ精神に富み、強い精神力を具え、かつ柔軟な発想力を持った人材です。

『岐阜県の未来』のために、私たちと一緒に汗をかきませんか?

岐阜県職員について、もっと詳しく知りたいという方は気軽に人事課までご連絡ください!!

お待ちしてます!