ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

平成29年4月


 

■「清流の国ぎふ」全開へ!

 

 ■辞令交付式(4月3日)   ■ぎふアグリチャレンジ支援センター開所式(4月3日)

 辞令交付式 ぎふアグリチャレンジ支援センター開所式

   

 ■モノづくり教育プラザ1号館開所式(4月19日) ■岐阜県中小企業総合人材確保センター開所式(4月27日)

 モノづくり教育プラザ 岐阜県中小企業総合人材確保センター

 

 新たに159名の新規採用職員を迎え、今日から新年度がスタートしました。

 人口減少が進展していくなか、誰もが安全・安心に暮らすことができる未来の実現に向け、今年度は「人づくり」「魅力づくり」「安心・安全づくり」の3本柱で若い力とともに「清流の国ぎふづくり」を全面展開していきます!

 国立社会保障・人口問題研究所の公表(平成29年4月)によると、日本の総人口は2015年の1億2,709万人に対し、50年後の2065年には8,808万人まで、約3割が減少するということです。

 こうした中で、「人づくり」に向けた取り組みとして、就農相談から営農定着まで一貫支援する「ぎふアグリチャレンジ支援センター」、特に航空宇宙産業の人材育成に向けた「モノづくり教育プラザ」、総合的人材確保に取り組む拠点として「岐阜県中小企業総合人材確保センター」を新たに開所いたしました。将来に向けて、担い手育成・人材確保の取り組みに力を入れてまいります。