ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

ようこそ!知事室へ

「清流の国ぎふ」全開へ!

古田知事写真

 岐阜県知事の古田肇(ふるたはじめ)です。 

 

 飛山濃水の地、岐阜県を象徴する本県のアイデンティティであるとともに、国内外へ岐阜県の魅力を発信するブランドイメージである「清流の国ぎふ」をキーワードに、「現場主義」「対話重視」の姿勢で県政に取り組んでいます。

 

 昨今、県内各地を回り、多くの方から、製造業、農林業、サービス業、医療・福祉・介護、地域づくりなど本県のあらゆる分野で担い手が不足している現状、「清流の国ぎふ」が先人から受け継いだ自然、文化、伝統、産業、景観など貴重な資源がまだまだ十分活用されていないもどかしさについて、お話をお伺いしました。

 

 人口減少・少子高齢化に歯止めがかからない一方、グローバル化で地域間競争が激化する現在、県政に求められるのは、「ここにしかない」魅力や資源を活用し、人材や所得を呼び込む取組みです。

 また、地震、豪雨などの自然災害をはじめとする様々なリスクに対し、安全・安心な県民生活を実現する取組みです。

 

 産業や地域の担い手づくり、子どもを産み育てやすい環境整備、教育の充実など「清流の国ぎふを支える人づくり」、成長・雇用戦略の推進、観光産業の基幹産業化、持続可能な農林畜水産業づくりなど「地域の魅力を活かした清流の国づくり」、医療・福祉の充実・連携、県土強靭化、清流環境の保全、ネットワーク・インフラの整備など「安全・安心な清流の国ぎふづくり」の3本柱で、「清流の国ぎふ」づくりを全面展開していきます。

 

 このホームページでは、私の県政に対する思いや、県政の歩みをご紹介しています。是非定期的にご覧いただきたいと思います。

 また、「知事へのメール」にお寄せいただいたお便りは、全て私が目を通しております。すぐにお返事できないかもしれませんが、ご意見、ご提案をいただければ幸いです。


 岐阜県知事古田知事署名