ナビゲーションをスキップして本文へ

表示設定(使い方)
  • English
  • 中文
  • Portugal
  • Tagalog
広告欄
  • 防災・防犯
  • 環境
  • 教育・文化・スポーツ
  • くらし
  • 健康・福祉
  • 県土づくり
  • 産業・雇用
  • 県政の運営
ようこそ岐阜へ 観光・物産
携帯サイトで見る

ここから本文です。


平成26年度相談支援従事者初任者研修

研修受講者のみなさまへ 

岐阜県では、平成26年度に限り、相談支援従事者初任者研修を2回開催します。

 掲載中の要綱は、第1回目開催の研修実施要項となっています。第2回目開催の研修実施要項は後日お知らせします。

 

事前課題のお知らせ          ※5/16掲載しました

平成26年度 岐阜県相談支援従事者初任者研修実施要綱   

研修の目的  地域の障がい者等の意向に基づく地域生活を実現するために必要な保健、医療、福祉、就労、教育などのサービスの総合的かつ適切な利用支援等の援助技術を習得すること及び困難事例に対する支援方法について助言を受けるなど、日常の相談支援業務の検証を行うことにより相談支援に従事する者の資質の向上を図ることを目的とする。
 また、地域の相談支援体制の充実および障がい者相談支援の円滑な実施に資することを目的として実施する。
実施主体 岐阜県(社会福祉法人岐阜県福祉事業団 障がい者地域支援・研修センターが岐阜県から委託を受け実施します。)
研修期間

全6日間
共通講義     平成26年5月13日(火)・14日(水)・15日(木)・16日(金)

演習   A日程  平成26年 6月18日(水)・19日(木)

           B日程  平成26年 7月9日(水)・10日(木)

   平成26年度に限り、相談支援従事者初任者研修を2回開催します!

研修会場

共通講義       大垣市情報工房 

演習 A日程     テクノプラザ プラザホール (各務原市テクノプラザ1-1)

演習 B日程     羽島市文化センター     (羽島市竹鼻町丸の内6-7) 

研修内容 下記に添付の要項をご参照ください。
受講対象者

ア 相談支援事業に従事している者、今後従事しようとする者


 * 相談支援専門員として従事するには、5-10年以上の実務経験等の要件を満たす必要がありますので、添付の「相談支援専門員の要件となる実務経験」をご確認ください。

  * 平成20年度に相談支援従事者初任者研修を受講し、相談支援専門員として従事していた方で、資格更新のための当該現任者研修を、平成21年度―平成25年度の間に1度も受講していない方のうち、今後、相談支援専門員として従事しようとする方は、当該研修を受講する必要があります。(現時点では、資格更新(注)がされていません。)  (サービス管理責任者として受講し、今後もサービス管理責任者として従事する方は、資格更新のための研修はありませんので、対象外です。)

 * 平成20年度に相談支援従事者初任者研修を受講し、相談支援専門員として従事していた方で、資格更新のための当該現任者研修を平成21年度に受講した方のうち、今後も引き続き、相談支援専門員に従事しようとする方は、平成26年7月に開催予定の相談支援従事者現任者研修へお申し込みください。  (サービス管理責任者として受講し、今後もサービス管理責任者として従事する方は、資格更新のための研修はありませんので、対象外です。)

 * 平成21年度に相談支援従事者初任者研修を受講し、相談支援専門員として従事していた方で、資格更新のための当該現任者研修を、平成22年度―平成25年度の間に1度も受講していない方のうち、今後、相談支援専門員として従事しようとする方は、平成26年7月に開催予定の相談支援従事者現任者研修へお申し込みください。(サービス管理責任者として受講し、今後もサービス管理責任者として従事する方は、資格更新のための研修はありませんので、対象外です。)

(相談支援専門員資格要件)
相談支援専門員資格要件


イ 各事業所においてサービス管理責任者に従事しようとする者

 * サービス管理責任者として従事するには、5-10年の実務経験等の要件を満たす必要がありますので、添付の「サービス管理責任者の要件・実務経験」をご確認ください。

 *サービス管理責任者として従事する方は、相談支援従事者研修の全課程を受講していただく必要があります。

(サービス管理責任者資格要件)
サービス管理責任者資格要件

(注)相談支援専門員として従事するためには、初任者研修を受講した年度の翌年度から5年間の間に1度、相談支援従事者現任者研修を受講する必要があります。これを受講していない場合は、資格が更新できず、改めて、相談支援従事者初任者研修を受講する必要があります。

 

受講申し込み

 受講申し込みについては別紙様式1(または別紙様式3)「平成26年度岐阜県相談支援従事者初任者研修申込書」と別紙様式2(または別紙様式4)「実務経歴書」に記入の上、必ず特定記録郵便又は簡易書留郵便にて、平成26年4月4日(金)【必着】で下記宛てに送付して下さい。(FAX、メール便、E-mail不可)

 なお、受講を修了した者には修了証書を交付することとしているので、受講者の氏名については、楷書で記載するとともに誤字・脱字のないようお願いします。

※受講の可否については平成26年4月下旬に、各事業所へ通知します。

 万一通知が届いていない場合は、大変お手数ですが、障がい者地域支援・研修センター(TEL0575-23-2551)まで、ご確認くださいますようよろしくお願いします。

様式等 ダウンロード

実施要綱

※必ずお読みください


実施要綱

申し込み書

(申込書)

事業所用   個人用
申込み書      記入例  

(記入例)

事業所用   個人用

事業所例      個人例

実務経験申告書

(申告書)

事業所用 個人用
実務経歴書     記入例

(記入例)

事業所用 個人用

事業所例    個人例

            

修了証書 全課程を修了した方には岐阜県知事名の修了証書を交付します。
経費等 研修参加費として、1名につき8,500円(予定)をご負担いただきます。

※なお、講義で使用するテキストについては、受講決定通知時にご案内します。
受講申し込み書の送付先
宛先 障がい者地域支援・研修センター(ひまわりの丘地域生活支援センター内)
住所 〒501-3938 関市桐ヶ丘3丁目2番地
TEL 0575-23-2551 担当:前城・重戸
【問い合わせ先】
岐阜県庁9階 健康福祉部障害福祉課
社会参加推進係        直通058-272-8309
地域生活支援係       直通058-272-8302
事業所指導係         直通058-272-8302
施設整備係          直通058-272-8314
重症心身・発達障がい支援係 直通058-272-8314
管理調整係          代表058-272-1111内線2612
FAX:058-278-2643
c11226@pref.gifu.lg.jp