ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

平成29年第3回岐阜県議会定例会概要

 

 定例会初日(6月20日)、知事から提出された議案は、「関ケ原古戦場ビジターセンター(仮称)」の整備構想の見直しに伴う設計経費の増額や、老朽化が進んでいる岐阜県美術館の空調設備等改修に必要となる設計経費などを内容とする、2億円余の増額を求める一般会計補正予算案1件、条例関係10件、その他の案件3件でした。

 

 6月28日、29日及び30日に、一般質問・質疑が行われ、県政全般にわたり知事や関係部局長の考えを質しました。

質問に立った議員は次の皆さんです。

 

【6月28日

野島征夫(のじまいくお、自民)、野村美穂(のむらみほ、県民)、国枝慎太郎(くにえだしんたろう、自民)、山田優(やまだまさる、自民)

 

【6月29日】

澄川寿之(すみかわひさゆき、公明)、高殿尚(たかどのなおし、自民)、山本勝敏(やまもとかつとし、自民)、酒向薫(さこうかおる、自民)、長屋光征(ながやこうせい、自民)、伊藤英生(いとうひでお、県民)、小川恒雄(おがわつねお、自民)、山田実三(やまだじつぞう、無所属)

 

【6月30日】

伊藤秀光(いとうひでみつ、自民)、水野吉近(みずのよしちか、公明)、中川裕子(なかがわゆうこ、共産)、水野正敏(みずのまさとし、自民)、太田維久(おおたまさひさ、県民)、川上哲也(かわかみてつや、無所属)、駒田誠(こまだまこと、自民)

 

 定例会最終日(7月6日)には、平成29年度一般会計補正予算案など初日に上程された議案がすべて原案どおり可決されたほか、最終日に知事から追加提出された人事案件1件が同意されました。

 また、同日に議員から提出された4件の意見書については、「参議院議員選挙における合区の解消を求める意見書」など3件が可決され、「いわゆる「共謀罪」(「テロ等準備罪」)を新設する組織犯罪処罰法改正案の強行採決に抗議し、再検討を求める意見書」1件が否決されました。

 請願については、「精神障がい者に対する公共交通機関の運賃割引制度の適用に関する意見書提出を求める請願」が採択、「「『テロ等組織犯罪準備罪』廃止」の意見書採択についての請願」が不採択となりました。