ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

平成28年第4回岐阜県議会定例会概要

 

 定例会初日(9月21日)、知事から提出された議案は、熊本地震を踏まえた防災力の向上のための災害時の応急用資機材の備蓄拠点整備や緊急輸送道路の拡幅などのほか、国の第2次補正予算を活用する保育士修学資金貸付制度の拡充や障がい者福祉施設、木材加工施設の整備促進などを内容とする約260億円余の増額を求める一般会計補正予算など予算関係3件、条例関係8件、その他の案件7件、平成27年度岐阜県一般会計及び特別会計並びに公営企業会計決算の認定を求める案件3件でした。また、議員から提出された「北朝鮮の弾道ミサイル発射と核実験に断固抗議する決議」1件が可決されました。

 

 10月5日から7日まで、一般質問・質疑が行われ、県政全般にわたり知事や関係部局長の考えを質しました。

質問に立った議員は次の皆さんです。

 

【10月5日

早川捷也(はやかわかつや、自民)、伊藤正博(いとうまさひろ、県民)、布俣正也(ぬのまたまさや、自民)、松村多美夫(まつむらたみお、自民)、牧村範康(まきむらのりやす、無所属)

 

【10月6日】

澄川寿之(すみかわひさゆき、公明)、松岡正人(まつおかまさと、自民)、村下貴夫(むらしたたかお、自民)、山本勝敏(やまもとかつとし、自民)、伊藤秀光(いとうひでみつ、無所属)、高木貴行(たかぎたかゆき、県民)、酒向薫(さこうかおる、自民)、広瀬修(ひろせおさむ、自民)、川上哲也(かわかみてつや、無所属)

 

【10月7日】

篠田徹(しのだとおる、自民)、長屋光征(ながやこうせい、自民)、中川裕子(なかがわゆうこ、共産)、若井敦子(わかいあつこ、自民)、渡辺嘉山(わたなべかざん、県民)、恩田佳幸(おんだよしゆき、無所属)、田中勝士(たなかかつし、自民)、山田実三(やまだじつぞう、無所属)、

小川恒雄(おがわつねお、自民)

 

 10月7日には、議員から提出された「決算特別委員会の設置」1件が可決され、決算の認定については、引き続き審査されることになりました。

 

 定例会最終日(10月14日)には、初日に提出された決算の認定を除く議案が原案どおり可決されました。

 また、最終日に議員から提出された「子どもの医療費助成に係る国民健康保険の国庫負担減額調整措置廃止を求める意見書」1件が可決されました。

 請願については、「私立高等学校に対する県費補助金の増額等についての請願」が採択、「安全保障関連2法(国際平和支援法、平和安全法制整備法)の廃止を求める意見書採択についての請願」など2件が不採択となりました。