ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

平成27年第1回岐阜県議会定例会概要

 定例会初日(2月24日)、古田知事は、平成27年度の県政運営に関する所信について、「『清流の国ぎふ』創生への挑戦」として、「『清流の国ぎふ』づくり全面展開」、「安心して暮らせる強靱な『清流の国ぎふ』」という大きく2つの柱で政策を推進していくと述べました。
 初日に、知事から提出された議案は、7,907億9千万円の平成27年度一般会計予算をはじめ76件でした。そのうち、教育委員会委員の任命同意についての人事案件1件は即日採決され、同意されました。

 3月11日から13日までに一般質問・質疑が行われ、県政全般にわたり知事や関係部局長の考えを質しました。
 質問に立った議員は次の皆さんです。

 [3月11日]
玉田和浩(たまだかずひろ、自民)、伊藤正博(いとうまさひろ、県民)
山田優(やまだまさる、無所属)

 [3月12日]
水野吉近(みずのよしちか、公明)、
松岡正人(まつおかまさと、自民)
高木貴行(たかぎたかゆき、県民)、山本勝敏(やまもとかつとし、自民)
酒向薫(さこうかおる、自民)、国枝慎太郎(くにえだしんたろう、無所属)
長屋光征(ながやこうせい、自民)

 [3月13日]
田中勝士(たなかかつし、自民)、太田維久(おおたまさひさ、県民)
水野正敏(みずのまさとし、自民)、川上哲也(かわかみてつや、無所属)
岩花正樹(いわはなまさき、公明)、野島征夫(のじまいくお、自民)

 3月13日には、初日に知事から提出された議案のうち、「審査請求に関する諮問について」の議案1件が審査請求を棄却すべき旨答申することに決定されました。

 定例会最終日(3月19日)には、初日に知事から提出された議案のうち、初日及び3月13日に可決された以外の議案が原案どおり可決されたほか、最終日に知事から追加提出された人事案件4件が同意されました。

 また、最終日に議員から提出された「持続可能な国民健康保険制度を求める意見書」など意見書4件がいずれも可決されました。

 請願については、「著作物の適切な取り扱いを求める請願」が採択となりました。