ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

平成25年第3回岐阜県議会定例会概要

 定例会初日、知事から提出された議案は、妊娠中の女性への風しんの感染を防止するための風しんワクチン接種費用に係る助成制度の創設、年度途中に発生する待機児童を解消するため、保育所に勤務していない潜在保育士の就職支援などを行う「保育士・保育所支援センター」の設置に係る事業などのため、約21億3千万円の一般会計補正予算案1件、条例関係4件、その他の案件5件でした。また、6月19日には、本年7月から来年3月までの間の特例として、知事、副知事、教育長等及び職員の給与月額等の減額措置に係る条例案2件が、さらに、最終日、教育委員会委員の任命に係る議案が追加上程されました。
 6月19日から21日までに一般質問が行われ、県政全般にわたり知事や関係部局長の考えを質しました。

 質問に立った議員は次の皆さんです。

[6月19日]
小川恒雄(おがわつねお、自民)、伊藤正博(いとうまさひろ、県民)
[6月20日]
水野吉近(みずのよしちか、公明)、篠田徹(しのだとおる、自民)
高木貴行(たかぎたかゆき、県民)、川上哲也(かわかみてつや、無所属

酒向薫(さこうかおる、自民)、小原尚(おはらひさし、自民)
太田維久(おおたまさひさ、県民)、道家康生(どうけやすなり、無所属)
[6月21日]
高殿尚(たかどのなおし、自民)、郷明夫(ごうあきお、自民)
大須賀志津香(おおすがしづか、共産)、岩花正樹(いわはなまさき、公明)

松岡正人(まつおかまさと、自民)、村上孝志(むらかみこうし、県民)
駒田誠(こまだまこと、自民)


 定例会最終日には、6月19日までに上程された議案はすべて原案どおり可決され、また、最終日に追加上程された人事に係る議案は同意され、議員から提出された「原子炉の安全性の確保を求める意見書について」など意見書3件が可決されました。
 請願については、「消費税増税の実施中止を求める意見書の提出についての請願」が不採択となりました。