ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

マイミュージアムギャラリー第2回展示「諭吉から桃介へ―日本近代化の軌跡―」

 明治150年・福澤桃介生誕150年を記念して、ユネスコクラブ日本ラインによる「諭吉から桃介へ―日本近代化の軌跡―」を開催します。

 

 今年は、明治元年からちょうど150年目にあたります。日本が近代国家に生まれ変わろうとするまさにその年に岩崎桃介は産声をあげました。岩崎桃介は福澤諭吉に才を見込まれ、養子に迎えられた後アメリカへ留学し、帰国後、民間初の外債発行等を手掛けました。

 

 相場の名人となって財を築いた彼は次々に重化学工業を立ち上げ、経営の鬼才と謳われました。桃介の業績の中でも急流木曽川に日本初の発電用ダム「大井ダム」の建設を成功させたことは、日本の工業水準を一気に欧米並みに押し上げることとなりました。

 

 本展覧会では、大井ダム建設に関わる資料をはじめ約100点に及ぶ展示品を通して、諭吉から桃介へ、父子二代にわたって祖国の近代化に情熱を注いだ「明治人魂」に迫ります。

 

イベント概要

開催期間 平成30年6月9日(土)から7月16日(月・祝)
開催時間 午前9時から午後4時30分(ただし、入館は午後4時まで)
開催場所 名称 岐阜県博物館マイミュージアム棟2階ギャラリー
所在地

関市小屋名1989(岐阜県百年公園内)

電話番号 0575ー28ー3111
ホームページ 岐阜県博物館ホームページ(外部サイト)
入館料

無料

※ただし、博物館本館の展示を観覧される場合には、入館料が必要です。

 

報道発表資料

発表資料 報道発表資料(PDF:378KB)

 

      問い合わせ先

      所属 岐阜県博物館
      電話 直通:0575―28―3111
      内線:306
      FAX 0575―28―3110
      メールアドレス c21804@pref.gifu.lg.jp