ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

企画展「伝統と創造岐阜県重要無形文化財のわざと美」を開催

 県内に伝承されてきた卓越した伝統工芸技術を指定し保護するために、岐阜県は文化財保護条例において「岐阜県重要無形文化財」の指定と保持者・保持団体の認定、及び保護の措置について規定しています。これにより現在指定されているわざは、陶芸分野の「志野」「織部」「黄瀬戸」、染織分野の「郡上本染」、そして金工分野の「美濃伝日本刀鍛錬技法」です。

 今回の企画展では、「志野」3人、「織部」「黄瀬戸」各1人、「郡上本染」1人、計6人の保持者、及び「美濃伝日本刀鍛錬技法」の保持団体のわざとその結晶といえる作品を一堂に展示し、岐阜の重要無形文化財の今を紹介します。

 伝統の技の継承と新たな創造へのひたむきな努力が生み出した岐阜県の伝統工芸技術の到達点をご覧いただくとともに、その未来についても思いを巡らしていただければ幸いです。

 

イベント概要

開催期間 平成28年4月23日(土)から平成28年6月19日(日)
開催時間 午前9時00分から午後4時30分(ただし、入館は午後4時まで)
開催場所 名称 岐阜県博物館本館4階特別展示室
所在地

関市小屋名1989(岐阜県百年公園内)

電話番号 0575ー28ー3111
ホームページ 岐阜県博物館ホームページ(外部サイト)
入館料 一般330円、大学生110円、高校生以下無料

 

報道発表資料

発表資料

報道発表資料(PDF:361KB)

 

      問い合わせ先

      所属 岐阜県博物館
      電話 直通:0575―28―3111
      内線:302
      FAX 0575―28―3110
      メールアドレス c27202@pref.gifu.lg.jp