ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

県内高校生が企画・開発したスマホアプリを世界に公開!

県及び公益財団法人ソフトピアジャパンが、今年8月に開催した「アプリ開発サマーキャンプinソフトピアジャパン2017」において、同キャンプに参加した県内高校生により企画、開発されたアプリ5本が、米アップル社の審査を経て、同社のアプリダウンロードサイト「AppStore」で全世界に公開されました。

今回のサマーキャンプでは、アプリ開発研修やアイデアワークショップを経て、「飛騨に関するアプリ」をテーマとしたアプリの企画、開発に取り組みました。各チームとも創意工夫を凝らし、デザイン性に優れた作品を制作しました。

このたび、アプリの公開を記念し、体験会を行いますのでお知らせします。

 

体験会

日時 平成29年12月11日(月)16:00~17:30
場所

県庁7階

7北ー1会議室

内容 アプリ体験、開発した高校生による説明
発表資料 報道発表資料(PDF:348KB)

公開アプリ概要

      (1)さるぼぼと歩く!飛騨の観光地

      ◇チーム名:S-sight

      ◇構成:大垣商業高等学校、東濃実業高等学校、中津商業高等学校

      ◇概要:万歩計の要領で、100歩進むごとに飛騨の写真を獲得することができる。

       

      (2)飛騨っ子の方言

      ◇チーム名:MINO

      ◇構成:海津明誠高等学校、東濃実業高等学校、中津商業高等学校

      ◇概要:飛騨の方言について、4択のクイズ形式で出題する。飛騨の特産品をモチーフにしたキャラが3人出てくる。

       

      (3)飛騨グルメ

      ◇チーム名:ぐるめ

      ◇構成:県立岐阜商業高等学校、大垣商業高等学校、海津明誠高等学校、土岐商業高等学校

      ◇概要:横から流れてくる飛騨の特産グルメをタップで食べることができる。何皿食べられたかで、得点を競うゲーム。

       

      (4)さるぼぼ工場(ファクトリー)

      ◇チーム名:SUN

      ◇構成:県立岐阜商業高等学校、東濃実業高等学校、土岐商業高等学校

      ◇概要:ベルトコンベアから流れてくる色違いのさるぼぼをスワイプして同じ色の枠に入れ、得点を稼ぐゲーム。結果をTwitterに投稿できる。

       

      (5)さるぼぼラン

      ◇チーム名:CNUM

      ◇構成:県立岐阜商業高等学校、岐阜各務野高等学校、土岐商業高等学校

      ◇概要:雲に乗ったさるぼぼを操作し、横から流れてくる飛騨牛をジャンプで避ける横スクロールアクション。

      アプリダウンロード方法

      (1)iPhoneまたはiPadからAppStoreに接続

      (2)AppStoreの検索ページにてキーワード「サマーキャンプ2017」で検索

      (3)表示されたアプリを選択し、「無料」ボタンをタップ

      問い合わせ先

      所属 産業技術課ITものづくり係
      電話 直通:058-272-8379
      内線:3052
      FAX 058-278-8379
      メールアドレス sawafuji-kakeru@pref.gifu.lg.jp