ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

外国人観光客受け入れ環境整備事業費に関する補助を実施します

県では、平成21年度より「飛騨・美濃じまん海外戦略プロジェクト」として、海外から本県を訪れる訪日旅行の促進に取り組んでいます。

このたび、外国人旅行者の利便性を向上させることで誘客を促進しようとする店舗や宿泊施設等の受入環境整備を支援するため、補助対象事業を新たに拡充して平成30年4月1日から標記補助金の募集を開始します。

 

 記

1.補助事業のメニュー

(1)消費税免税店開設準備事業

消費税免税店を開設しようとする店舗に据え置く、事業に必要な専用レジ、パスポートリーダー等の機器の設置に係る経費の3分の2以内(上限13万円、複数店舗の一括カウンター設置の場合は、上限20万円)

(2)多言語化整備事業

宿泊施設、観光施設等が行う外国語HP開設、外国語案内表示、施設パンフレットの翻訳に係る経費の2分の1以内(上限20万円)

 観光案内所を設置する市町村・観光協会等が行う観光案内等の多言語化整備に係る経費の2分の1以内(上限20万円)

(3)Wi-Fi環境整備事業

 宿泊施設、観光施設等が行うWi-Fi機器購入や設置に係る経費の2分の1以内(上限20万円)

(4)トイレ洋式化事業

 宿泊施設、飲食店、観光施設等が行うトイレ洋式化に係る経費の2分の1以内(上限20万円)

(5)ムスリム受入体制向上事業

宿泊施設、飲食店、観光施設等が行うムスリム旅行者受入のためのキッチン改修工事や調理器具・礼拝スペース設置に係る経費の2分の1以内(上限20万円)

(6)着地型体験プログラム造成事業

宿泊施設、観光施設等が行う着地型体験プログラムを旅行検索サイト等に新規登録する際の翻訳料の3分の1以内(上限20万円)

(7)決済端末導入準備事業

  県内観光関連事業者が行う電子決済端末等の機器の購入や設置に係る経費の2分の1以内(上限5万円)

 

2.補助対象

(1)消費税免税店開設準備事業

県内事業者

(2)多言語化整備事業・(3)Wi-Fi環境整備事業・(6)着地型体験プログラム造成事業

県内宿泊施設事業者及び知事が認める外国人向け観光集客施設・体験プログラム運営事業者

(4)トイレ洋式化事業・(5)ムスリム受入体制向上事業

県内宿泊施設事業者、県内で飲食店等の営業を営む者及び知事が認める外国人向け観光集客施設・体験プログラム運営事業者

(7)決済端末導入準備事業

県内観光関連事業者

 

3.募集期間

 平成30年4月1日(日)から(申請額が予算額に達した時点で受付を終了します。)

(募集終了は、下記ウェブサイトに掲載します)

 

4.募集要項・申請書様式

 募集要項・申請書様式は、ホームページからダウンロードしてください。

 外国人観光客受入環境整備補助金募集要項

 http://www.pref.gifu.lg.jp/sangyo/kanko/honichi/11335/bosyuu.html

 

※申請書様式により、下記提出先に郵送ください。

 

 

 

報道発表資料

発表資料

報道発表資料PDF:218KB)

問い合わせ先

所属

〒500-8570(住所不要)

岐阜県庁商工労働部観光国際局

海外戦略推進課アジア誘客係

電話 直通:058-272-8360
内線:2356
FAX 058-278-2674
メールアドレス c11336@pref.gifu.lg.jp

 

更新日:平成30年3月30日