ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

食品衛生上の問題が危惧される(株)壱番屋以外の製品の流通について

 1月13日(水)付けで公表した食品衛生上の問題が危惧されるビーフカツの流通について、みのりフーズ(羽島市)を調査した結果、(株)壱番屋製ではない108品目が発見され、そのうちの一つがダイコー(株)に廃棄物として処理を依頼されていた製品であることが判明しましたのでお知らせします。

 

1みのりフーズに保管されている製品について

・これまでの調査で、みのりフーズの施設内において、108品目(肉加工品、魚加工品、各種惣菜、菓子類、調味料等)が発見されました。

・このうち販売元や製造元等が表示されている69品目について、各製品の販売元や製造元等の所在地の都道県及び保健所政令市

 (10都道県11市)に調査を依頼中です。

・残りの39品目についても調査を継続します。

 

2ダイコー(株)に廃棄物として処理を依頼されていた製品について

・上記1により調査を依頼した69品目のうち、「びんちょうまぐろスライス」について、ダイコー(株)に廃棄物として処理を依頼された

 ものであることが判明しました。

 ・現時点で判明している流通経路は以下のとおりです。

 

流通経路

・残りの約1.5トンの所在が不明であり、市場に流通した可能性があります。

・問題となる当該製品には賞味期限の印字がありません。賞味期限の印字がない当該製品をお持ちの方は、絶対に喫食しないでください。

 

 

発表資料 報道発表資料(PDF:328KB

 

問い合わせ先

所属 生活衛生課食品指導係
電話

直通:058-282-8280
内線:2562

FAX 058-278-2627
メール c11222@pref.gifu.lg.jp