ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

朝型勤務の実施について

 国においては、我が国の長時間労働を打破し、働き方を含めた生活スタイルを変革する国民運動(ゆう活「夏の生活スタイル変革」)を、政府を挙げて展開するとの方針が示され、国家公務員が率先して取組みを進めることとされたところです。

 県においても、長時間労働の抑制及びワーク・ライフ・バランスを実現するため、昨年度に引き続き「朝型勤務」を下記のとおり実施します。

 

実施期間 平成28年7月1日(金)から平成28年8月31日(水)
実施内容

朝型勤務を希望する一部の職員は下記の2パターンの勤務形態を選択して勤務します。

(1)7時00分から15時45分

(2)7時30分から16時15分

※開庁時間は従前通り8時30分から17時15分

実施期間

原則すべての所属で実施予定

(ただし、県民生活相談センターや旅券センターなど、窓口業務が多い所属、少人数所属等については、県民サービスの低下を避けるため、実施しません。)

実施職員

朝型勤務を希望し、所属長が業務上支障が無いと認めた職員

※所属内の半数以上は通常勤務(8時30分から17時15分)とし、県民サービスが低下しない体制をとります。

発表資料 記者発表資料(PDF:146kB)

 

    問い合わせ先

    所属 人事課
    電話

    直通:058-272-1135
    内線:2176