ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

中津川市駒場町地内における土壌汚染について(第2報)

 中津川市駒場町地内におけるヒ素による土壌汚染については、第1報を平成30年2月5日(月)にお知らせしました。「岐阜県地下水の適正管理及び汚染対策に関する要綱」に基づき、汚染が判明した土地から半径250mの範囲内にある井戸20本の水質検査を実施したところ、すべての井戸が地下水の環境基準に適合していることを確認しましたのでお知らせします。

 

1周辺井戸水の水質検査結果

採水日:平成30年2月5日(月)〜8日(木)

判明日:平成30年2月14日(水)

項目

検査検体数

基準超過

検体数

検査結果

地下水環境基準

ヒ素

20

0.005mg/L未満

0.01mg/L以下

[分析機関:県保健環境研究所]

 

2飲用利用井戸利用状況調査

検査を行った井戸のうち飲用利用されている井戸が6本確認されました。

 

3汚染の原因

 汚染が判明した土地において、ヒ素を含有する原料等の使用履歴はないこと、ヒ素は自然界に広く分布する物質であることから、自然由来による可能性が考えられますが、詳細な原因は不明です。

 

4今後の対応

(1)今回水質検査を実施した井戸の所有者に対して、検査結果をお知らせします。

(2)土地所有者に対し、土壌汚染対策法に準じて、汚染土壌の適正な管理等を行うよう指導します。

 

発表資料 報道発表資料(PDF:147KB)

参考資料

第1報(写)(PDF:187KB)

(平成30年2月5日(月)発表済み)

 

    問い合わせ先

    所属 恵那県事務所環境課
    電話

    代表:0573-26-1111内線215

    FAX 0573-25-7129
    メール c20508@pref.gifu.lg.jp